次世代のGKコーチになるためのゴールキーパー情報サイト!

中学年代最高峰でも求められたビルドアップ能力、そしてGKの基本的な技術!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

中学年代の日本一を決める日本クラブユースサッカー選手権(U-15)。

8月15日から24日まで帯広市などで開催され、全国9地域の代表48チームが北の大地に集った。

グループステージは4チーム総当たり式のリーグ戦が行われ、各組上位2チームと3位の上位8チームがノックアウトステージに挑む形で実施。

その中で大会を制したのはサガン鳥栖U-15だった。

そこで今回は中学年代最高峰の戦いで存在感を示したGKをピックアップ。

2回目となる今回は2人の守護神を紹介する。

 

初出場でベスト8。快進撃を支えたGK

近年成長著しい埼玉県のFCラヴィーダの快進撃を最後尾から支えたのが、上林真斗(3年)だ。

中学校3年生ながらすでに身長は185センチで、筋肉や骨格の成長も同年代よりも頭一つ抜けている。

高校生に見間違えたとしても不思議ではないだろう。

全6試合に先発した上林の武器は至近距離でのシュートストップ。

軽快なステップから繰り出すセービングはハイレベルで、前に出てコースを消すことも出来れば、後ろにどっしりと構えて相手のシュートに対応もできる。

セーブ面に関しては様々な引き出しを持っていると言えるだろう。

また、足元の技術にも定評があり、ロングフィードが攻撃の出発点にもなる。準々決勝のFC東京U-15むさし戦では惜しくも1-2で敗れたものの、相手の決定機を度々防ぎ、ビルドアップの面でも確かな存在感を示した。

 

監督も太鼓判を押す有望株

村松明人監督が「あいつはいいんですよ」と太鼓判を押す有望株は大会終了後に、クラブユース選手権で活躍した選手が中心となって開催されるオールスターゲーム・メニコンカップにもEASTの一員で出場するなど、評価を日増しに高めている。

総合力は高い。

中学卒業後にどこでプレーするかは現時点で決まっていないが、将来が楽しみなGKであるのは確かだ。

 

クラセン準優勝に導いたセレッソの守護神

二人目はセレッソ大阪U-15の佐藤瑞起(3年)だ。

準優勝を成し遂げたチームにおいて、最後尾で獅子奮迅の働きを見せた。

破壊力の攻撃陣に目が行きがちだが、彼らが安心して攻めに転じられたのも佐藤がいたからこそ。

175センチと圧倒的な高さを持っていないものの、的確な声で周りを動かしながらピンチを回避。

基本もしっかりしており、大きなミスはほとんど見られなかった。

また、ビルドアップも水準以上のレベルを有しており、安心してボールを預けられるのも魅力の一つだ。

これを観て実践!GKが上手くなる~基本技術編~


ゴールキーパーを始めたばかりの選手にはぜひ読んでほしい。

あなたがゴールキーパーの基本的な動作を知ることで、よりゴールキーパーの奥深さに気づくことができるだろう。

そして、その基本的な動作が今後のゴールキーパー人生を変えてくれる。

金額:1100円(税込) 書籍を購入する 書籍を購入する

 

スリッピーなグラウンドでも動じない技術の高さ

準決勝の横浜マリノスジュニアユース戦では1失点を喫したものの、雨の中でも動じずにプレー。

スリッピーなグラウンドにも惑わされず、中学生とは思えないほど落ち着いていた。

決勝では一瞬の隙を突かれて1点を献上したがものの、それ以外は度々ファインセーブを見せて最少失点で切り抜けた。

惜しくも準優勝に終わったが、今大会で評価を高めた選手であるのは確かだろう。

クロス(中央付近)

ペナルティエリアの中央付近からのクロス

金額:1,650円(税込)  動画を購入

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved.