GKブログ

GKの特性から考える日常生活で考えたいこと

更新日:

中山です。

ゴールキーパーというポジションに大事な要素がいっぱいあります。

その中で今回は日常生活で役立つポイントをお伝えしたいと思います。

日常生活ですので、本当に色々あります。

ですが、今回は、

 

「眼球」

 

に注目したいと思います。

最近ではスマートフォンやタブレット、パソコンなどで1点に集中して見ることが日常生活で増えてきました。

 

私はサッカーの指導の現場でこう言った言葉を使います。

 

直接視野と間接視野

簡単に言うと・・

 

直接視野とは、直接見えている視界

間接視野では、直接視野以外のボヤっと見える外側の視界

 

私は基本的に「人間が目で追えるボール」はシュートストップが可能と考えています。

 

先ほども言いましたが、スマホなどの普及によって、1点だけを見ることばかりを行っていると、ゴールキーパーにとってはリアクション、いわゆるシュートへの反応が遅くなる可能性が高くなります。

 

1点だけと言うことは、右から左にボールが動いた場合、首を動かすことによって次のボールを把握しようとするからです。

しかし、眼球運動がスムーズであればあるほど、ある程度顔を固定した状態で「眼球」だけを動かしてボールを観ることができるからです。

その「眼球」運動が早ければ早いほど良いというです。

 

シュートが飛んでくるとき、必ずを目で追うと思います。

例えば、こう言った形でGKの正面からシュートを打つ場合・・

GKから見て真正面から左にボールが動いていますので、目もそのように動いて行くと思います。

 

また、こういった45度からのシュートシーンでも同じです。

様々な角度から撃たれるシュートに対してゴールキーパーが顔を動かしながらボールを観るということは非常に動作を制限することです。

ですが、今多くのゴールキーパーを観ると顔が動き、プレー方向を後方にしてしまっている選手が多く思います。

 

ですので、ぜひ眼球運動を日常で取り入れてみましょう。

簡単な例として、

電車の中から外の看板を目で追って読んだり、車の中から他の車のナンバープレートを把握して観るなど、目を動かす練習をして欲しいと思います。

日常生活とリンクさせて行くことで、ゴールキーパーとしても必ず成長することができます。

ただし、素晴らしい眼球運動だけではどうしようもありません。

 

なぜかというと、実際に飛んできたシュートに対して適切にプレーできる、ゴールキーパーとしての基本的なスキルが必要になるからです。

 

-GKブログ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.