次世代のGKコーチになるためのゴールキーパー情報サイト!

『アリソン・ベッカー』というブラジル代表キーパーをチェックしてみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

中山です!

今回はブラジル代表のアリソン・ベッカーというゴールキーパーについて調べてみました!

結構名前が出てくるキーパーなんですが、ワタクシ全くノーマークの選手でした・・。

そもそも動きなどをみていなかったので、見ていきたいと思います!

 

アリソン・ベッカーって何者?!

現在プレミアリーグのリヴァプールに所属するブラジル代表のゴールキーパーですね!

まだ26歳と、若い!

プロデビューはインテルナシオナル時代のクルゼイロ戦だそう。

ASローマを経由して、現在は名門リヴァプールへ!

 

これからセレソンの守護神を長い間に務めるだろう

誰もが口をそろえる逸材だというアリソン・ベッカー。

私は彼のプレースタイルを調べてみました。

 

エデルソンとの決定的な差は?

マンチェスターシティのエデルソンもすごく良いGKと思っていました。

エデルソン・モラレスとはまた違ったタイプのキーパーっぽいですが、一つだけ気づいた点がありました。

 

それは、アリソンの方が足の速いということです。

あくまでも映像を観ての、私の見解です。

 

 

現代のゴールキーパーに絶対に必要なこと

もちろん、ゴールキーパーって身長が大事ってことはわかっていると思います。

ぜひ前回の記事を参考にして、身長を伸ばす努力をしましょう!

そして私は最近というか、ここ数年で絶対的に必要なことがわかりました。

 

それは足の速さです。

実際に東福岡高校が全国2冠を取った時の脇野敦至というゴールキーパーがいました。

その彼は、国体で3番手のバックアップメンバーでした。

ですが、その彼に技術向上とあることを注入することで、アンダーカテゴリーの日本代表選出という華やかしい実績を積むことに成功したのです。

それは・・・

 

フットワーク

ステップという言い方より、フットワークという言い方をしたステッピングスキルです。

簡単に言うと、ボクシングのフットワークのような感じです。

 

いつでもどこにでも動き出せる姿勢づくりってよく言われますが、簡単ではありません。

 

アリソンの基本姿勢は?

では、本題に戻ります。

アリソン・ベッカーの基本姿勢はどうなっているでしょうか?!

非常に動きやすい軽い動きですね!

この動き出しがスピードあるステップやダイビングを生み出すんですね!

 

ゴールキーパーって基本姿勢が大切です。

この部分をおろそかにしている選手が多く、華やかしいダイビングばかりに目がいっている選手が多いのが事実です!

 

トッププロになるための必須ポイント

アリソン・ベッカーやエデルソン・モラレスのようなトッププロに必ずと言っていいほど備わっていること。

それは・・

 

シュートストップです。

 

カリスマ性を発揮するシュートストップを備えています。

ゴールキーパーの本質をないがしろにして、足元の技術ばかりを磨くのは危険です。

 

アリソン・ベッカー=足元が上手い

 

で、終わらせるのではいけません。

明らかに素晴らしステップでのアングルの詰め方だったり、ボールへのリアクションスピードは素晴らしいものを感じます。

長年、ブラジル代表では「ジーダ」や「ジュリオセザール」がゴールマウスを守ってきましたが、

 

セレソンの守護神を長年守るでしょうね。

 

ミスなどもあるようですが、まだまだ26歳。

今後の活躍に期待ですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2018 All Rights Reserved.