GKブログ

身長172cmでインターハイを制した桐光学園GK北村選手ってどんな選手!?

投稿日:

桐光学園の初優勝で幕を閉じた夏のインターハイ。

全国で名の知れた有望株にまだ無名の逸材たちが存在感を示し、今後の成長に期待を抱かせるプレーを見せた。

今回は檜舞台で輝いたGKを4名ピックアップ。

1回目の今回は桐光学園の2年生守護神・北村公平を紹介する。

身長は172cm!

フィールドプレーヤーよりも小さく、GKとして戦うには少々物足りない。

だが、類稀なスキルとコーチングで初戦となった2回戦から決勝までの全5試合でゴールを預かり、安定したパフォーマンスでインターハイの優秀選手にも選ばれた。

 

 

自らの地位を築き上げるまでの道のりは想像以上。

中学時代は横浜F・マリノスジュニアユース追浜に籍を置いていた北村。

高校サッカーの舞台に足を踏み入れた昨年は、インターハイ予選前に怪我人が相次いだチーム事情もあってレギュラーに抜擢。

本大会でも1年生ながら全試合出場を果たした。

今年は新シーズン当初からポジションを掴み、日を追うごとに安定感が増している。

だが、自らの地位を築き上げるまでの道のりは簡単ではなかった。

サイズに恵まれていないだけに、名門校で定位置を得るのは至難の技。

同学年には中学3年時にU-15日本代表に選出された桃井玲も控えている。

積み重ねがあるからこそ、今の立場があるのは間違いない。

 

オフでできない人はピッチでもできない

「オフザピッチの取り組みは本当に意識している。オフでできない人はピッチでもできない。

どこでも手を抜かない。そういうところをGKコーチは見てくれていて、評価をしてくれている人もいる。

そのためにというわけではないけど、最高の形で報われたかなと思います」

決勝終了後、北村は自身の取り組みについて胸を張った。

日頃から練習が終わると、最後までグラウンドに残って後片付けやチームのために汗を流している。

彼の姿勢にはGKコーチも目を丸くするほどで、些細なことでも手を抜かない。

それは試合にも現れている。最後の最後まで集中を切らさない。

誰よりも周囲の状況に気を配る。オフザピッチで手を抜いていないからこそ、そうしたプレーが自然と出るのだ。

 

小さいからGKは務まらないは古い考え

確かに身長はGKとして物足りない。

だが、誰よりも真剣にサッカーと向き合えば、レギュラーとして全国優勝を経験できる。

小さいからGKが務まらないという考えはもう古い。

さらにGKとしてのスキルを高めれば、もっと上のステージで輝く可能性は十分にあるはずだ。

これを観て実践!GKが上手くなる~基本技術編~

ゴールキーパーを始めたばかりの選手にはぜひ読んでほしい。
あなたがゴールキーパーの基本的な動作を知ることで、よりゴールキーパーの奥深さに気づくことができるだろう。
そして、その基本的な動作が今後のゴールキーパー人生を変えてくれる。

金額:1,080円(税込)

   書籍を購入する 書籍を購入する

-GKブログ
-, , , , , , , ,

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.