次世代のGKコーチになるためのゴールキーパー情報サイト!

手の動きが失点を招く?!日本代表の正GKは誰の手に?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

中山です。

今回はベガルタ仙台対柏レイソルの対戦に目が止まりました!

話題となっている柏レイソルの中村航輔選手です!

 

まずはこちらのシーンをご覧ください!

仲間もしっかりと競り合ってはいましたが、非常に高い打点でのヘディングシュートでした。

ヘディングシュートは叩きつけるかもしれないし、そのまま打たれるかもしれないし、本当に難しい場面です。

 

映像を見てもらったらわかりますが、以外と中村航輔選手の近くにシュートされたのがわかります。

シュートまでの距離はゴールラインよりちょっと外ですので、6mから7mはないかな〜って位置です。

 

結論から言いますと、ポジショニングも良くて反応する時間は十分ありました。

 

では、なぜストップすることができなかったのか?

ここが大事なんです。

 

みなさんなら、どう考えますか?

今回は「手の動き」に注目してみました!

みなさんお分かりになりましたか?!

よくありがちな手の動きをしています。

 

それは手を振りかぶるということです。

映像が止まるタイミングを確認してください。

1回目に映像が止まるときはシュートが打たれたときです。

 

ボールはどこから来ますか?

後ろから??

前から来ていますよね??

 

次に映像が止まるときは、良い位置に手が来た時。

見たらわかると思いますが、ボールはその手の動いている間にもゴールに近づいています。

ということは・・

 

ボールへの反応する時間が減っているということです。

おそらく、6〜7m反応時間があったはずですが、この時には・・・

 

3m?4m?くらいかな〜

 

いくら反応の早い中村航輔選手でも、人間ですから・・

難しい対応になってきますよね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2018 All Rights Reserved.