次世代のGKコーチになるためのゴールキーパー情報サイト!

全国高校サッカー選手権大会2回戦・東福岡高校vs尚志高校のゴールキーパーを分析!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

中山です。

1月2日は全国高校サッカー選手権大会2回戦・福島県の尚志高と対戦となりました。

実は、尚志高校は去年も対戦していました。

 

当日のピッチコンディション

天気は快晴。

1回戦の NACK5スタジアム大宮と比べて、芝の芽が詰まっていてボールが止まるという印象でした。

試合当日は、セットプレーなどを確認します。

私はチームでセットプレーの分析も担当しており、尚志高のセットプレーについてミーティングで選手に伝えました。

 

セットプレーのオーガナイズ

その日のミーティングの内容と使用した映像をゴールキーパーのメンバー3人に渡します。

そして彼らが考えてセットプレーのオーガナイズ(壁・ストーンの配置・マーク)を行います。

普通の高校であれば、ほぼチーム・監督・コーチが決めてしまう場面だと思います。

しかし、彼らは自立しています。

そういった【自立したリーダーシップ】が非常に求められるポジションがゴールキーパーだと思います。

 

非常に苦しいゲーム。

2回戦のスタメンはこちら。

試合開始立ち上がりからなかなかボールを支配できず、苦しい展開でした。

 

先制点は尚志!

そんな中、前半30分に失点しました。

DFラインの背後に入ったボールがバウンドし、それを丸山海大がヘディングでクリアしようとプレーに入ります。

その時、尚志9番の染野唯月選手と交錯し、染野選手が抜け出します。

ドリブルのタッチが大きかったため、GK松田亮が前に出て対応。

染野選手が右足で蹴るため、ゴールキーパー松田亮から見て左側をスタンディングブロックをし、シュートをブロック。

ブロッキングという技術は必ずと言っていいほどセカンドチャンスを与えてしまいます。

運が悪く、中央側へボールがこぼれてしまいました。

それを尚志六番の坂下健将選手が豪快に蹴り込み、先制を許します。

強烈なシュートに対してなんとか松田亮もボールに触ったものの、はじき出すことはできませんでした。

そのまま0-1で折り返すこととなりました。

 

後半開始早々のビッグセーブ!

後半開始早々にも決定的なチャンスが尚志に訪れます。

尚志のクサビから右サイドへパスが出ました。

ワイドの選手がそのパスをワンタッチでアーリークロス。

完全にドフリーになる状況でした。

 

人とボールを同一視すること

こういった大ピンチな場面で考えることを整理しましょう。

一番大事なことは『ボール』と『シューター』を同一視することです。

人とボールがどこで『出会う』のかを予測することで、相手よりも先にポジショニングを完了することができます。

この場合は中央付近だったため、ゴールエリア付近まで前に出て構えました。

完璧なポジショニングであり、あとはコラプシングという早く倒れてボールをストップする技術を使用しました!

ボールを見事外にはじき出すことに成功した素晴らしいシーンであり、劣勢に立たされていた東福岡高にとっては、松田亮のビッグセーブで首の皮一枚繋がったと言ってもいいシーンだったでしょう。

 

試合を決定づける2点目

試合を決定づける2点目は後半34分でした

サイドから低くて速いクロスが入りました。

しかし、DFがクリア。

しかし、そのクリアが小さくなりました。

そのクリアが尚志14番の高橋海大選手の目の前へ。

思い切り振り抜いた右足のシュートは、速く素晴らしいコースへ。

DFの位置もあり、ゴールキーパー松田亮にとっては視界をふさがれました。

ポストにあたり、ゴールに吸い込まれました。

東福岡高は2失点目を喫し、ここで勝負あり。

ゴールキーパーとしてカリスマ性を発揮したゲームではあったものの、結果的にゲームをひっくり返すことができませんでした。

 

2年連続の2回戦敗退

結果、私が指導する東福岡高校は2回戦で姿を消すこととなりました。

ただ、GK松田亮のカリスマ性を発揮するシュートストップ、そして攻撃の起点となるサイドボレーなど随所に素晴らしいプレーを見せてくれました。

もちろん、いろんなプレーに賛否両論があるでしょう。

チーム戦術としてゴールキーパーに求められることもそれぞれ違います。

その中でゴールキーパーがどうチームに貢献できるのか。

 

ただ、どのチームにいても求められるのは、やはりシュートストップ。

試合に出場した選手たちが言っていたこと。

 

『5m先も声が届きませんでした。』

 

1万以上が入るビッグな大会ではなかなかコーチングが届かないのです。

ということは、個人個人がいかにその役割を全うできるかが大事だと思います。

 

そして、できることが置ければ多いほどいい。

シュートストップだけできるGKでもだめ。

コーチングだけでもダメ。

 

一つでも二つでもできることが多ければ多いほどいいと思います。

 

今後も全国高校サッカー選手権大会のゴールキーパーの話題をアップしていきたいと思います!

 

これを観て実践!GKが上手くなる~シュートストップ編~

基本編より引き続き、シュートストップ編

 

金額:1,620円(税込)

   書籍を購入する 書籍を購入する

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved.