次世代のGKコーチになるためのゴールキーパー情報サイト!

全国高校サッカー選手権大会準々決勝のBadプレーより学ぶ!クロスの判断力を磨くためのコツとは?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

中山です。

今回は全国高校サッカー選手権大会準々決勝のBadシーンをお伝えします。

Badプレーを忘れてしまいたいところなんですが、ゴールキーパーは経験が非常に大事になってきます。

他人のプレーをしっかりと自分のことと思って見ていきましょう!

 

クロスに対しての判断力

今回の失点シーンはクロスのシチュエーションです。

矢板中央高のロングスローがニアに入り、青森山田高がクリア。

クリアボールはロングスローを投げた選手へ。

左足でクロス。

ボールは中央付近に入ってきました。

この時、ゴールキーパーは前に飛び出しています。

途中で、出れないと判断したのか、立ち止まりました。

その時、ヘディングシュートを打たれたので、ジャンピングしながらブロッキングを試みますが・・・

結果、ゴールを許してしまいました。

このシーンで何が問題だったかを考えていきましょう。

 

ファイナルクロス時のポジションと身体の向き

最終的に失点につながったクロス時のゴールキーパーのポジションと身体の向きを見てみましょう。

左足でのクロスでしたので、ゴールに向かってくるボールになります。

その時に身体がボールに正対しているため、直接ゴールに向かってくることも考えないといけません。

また、遠くからボールが入ってくるということも大事なポイントです。

身体の向きが正対していると、シューターまで近く感じます。

ということで、「出れる」と判断しやすいということです。

 

これはいいことでもあり、判断を間違える可能性もあるということです。

なぜかというと・・

 

ボールのコースを読めるGKに!

判断を間違える要員として、相手がどっちの足で蹴っているのか?

また、その足で蹴られるボールはどういったコースで入ってくるのか?

この部分を考えてください。

赤のコースのように、ゴールキーパーに近い軌道で入ってくると、出やすいですよね!

逆に、黄色のコースだと、ゴールキーパーから最も遠いところから近づいてくるので、若干出にくいと感じます。

そうなった時、相手の蹴り足を考えると、このシーンでは前に出ることができなかったと結論づけることができます。

また、その蹴り足に対して身体の向きのミスが【前に出る】というミスジャッジを起こした原因とも言えるでしょう。

 

クロスを舐めんな

日本ではクロスが課題だ〜😫なんて話があります。

でも私が思うに、日本はクロスの練習量が圧倒的に少ないと感じています。

ある程度回数をこなしながらトレーニングをしてほしいと思います!

苦手意識を持ち出したらきりがない。

圧倒的に自信が持てるようにしていきましょう!

 

これを観て実践!GKが上手くなる~シュートストップ編~

基本編より引き続き、シュートストップ編

 

金額:1,620円(税込)

   書籍を購入する 書籍を購入する

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved.