GKブログ

FIFAU-20ワールドカップinポーランド2019のゴールキーパーに注目!Part2

更新日:

2年に2度開催されるU-20ワールドカップ。

今回はポーランドの6都市で行われ、2大会連続で出場を果たした日本はベスト16で戦いを終えた。

優勝候補と目されていたポルトガルがグループステージで敗退するなど、優勝候補が早々に姿を消す状況で頂点に立ったのはウクライナ。

旧ソ連の流れを汲む東欧の強豪国がFIFA主催の国際大会を初めて制し、歴にその名を刻んだ。

アジア勢の韓国も健闘し、初のファイナリストとなったのも記憶に新しい。

 

そこで今回はU−20ワールドカップで輝きを放った守護神10人をピックアップ。

5回に分けてお届けをする。

第2回の今回は日本と対戦した2チームからチョイス。

エクアドルのモイセス・ラミレスと韓国のイ・グァンヨンだ。

 

レアル・ソシエダが注目するエクアドルの若き守護神

グループステージの初戦で日本と対峙した18歳の若き守護神エクアドルのモイセス・ラミレスは、レアル・ソシエダが保有権を持つ俊英。

レアル・ソシエダというと、私の友人のルイス・ジョピスGKコーチが所属しているチームだ。

2017ー18シーズンはスペインリーグ3部で戦うBチームでプレーし、4試合でピッチに立った。

 

エクアドルのサッカー史において最高の選手の1人になると期待をかけている逸材

U-20ワールドカップでは全7試合でゴールマウスを預かり、将来性を感じさせるパフォーマンスを披露。

185センチと決してGKとしては大柄ではなく、能力もまだまだ荒削りだが、身体能力の高さと反射神経の良さを活かした守りでチームのピンチを救った。

また、勝負強さも彼の武器。

イタリアとの3位決定戦では0−0で迎えた延長前半4分にPKを阻止し、ここ一番の集中力で同国史上最高の3位入りに大きく貢献した。

今大会で多くの経験を積んだだけに、今後ブレイクする可能性は十分にあるはずだ。

 

韓国を準優勝に導く

 韓国の江南FCに籍を置くイ・グァンヨンもモイセス・ラミレス同様にサイズに恵まれていない。

だが、184センチの身長を補って余りあるGKスキルとメンタリティーの強さは十分に世界で通用することを証明した。

 

イ・グァンヨンの良さが出たセネガル戦

とりわけ、日本をラウンドオブ16で倒した後に迎えた準々決勝のセネガル戦は、彼の良さが最も出たゲームだと言える。

1−1で迎えた72分、イ・グァンヨンが一度PKを止めたものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)がキッカーよりも先に動いたとジャッジ。

今大会から導入されたルールにより、GKが先に動作を起こした場合はイエローカードを貰う規則が適用され、さらにやり直しのキックも決められてしまったのだ。

精神力が試される状況となったイ・グァンヨン。

 

ここ一番でのPKストップ

試合は決着が付かず、3−3でPK戦に突入したが、一度警告を受けており、このPK戦で相手よりも先に動いてしまった場合は2枚目のイエローカードで退場になる。

GKに懸かるプレッシャーは尋常ではなく、まさに絶体絶命の大ピンチ。

しかし、イ・グァンヨンはこうした逆境でも動じずにゴールを守ると、見事に4本目のキックを見事に止めてチームを勝利に導いた。

惜しくも準優勝に終わったが、ゴールデングローブ(最優秀GK)を受賞したウクライナのアンドリー・ルニン(レアル・マドリー)に負けずとも劣らないプレーで存在感を見せたのは間違いない。

これを観て実践!GKが上手くなる~ブレイクアウェイ編~

DFラインを突破された大ピンチな状況を守りきるために!
ゴールキーパーのプレーの優先順位を整理しながら解説しています!
トレーニング方法もあり、これを読めばあなたはゴールを守る確率が上がる!!

金額:1,620円(税込)

   書籍を購入する 書籍を購入する

-GKブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.