次世代のGKコーチになるためのゴールキーパー情報サイト!

反射スピードはトレーニングで獲得するんだ!そのためのコラプシングって?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

中山です。

今回は海外のゴールキーパーに目を向けてみたいと思います!

僕が海外の選手を間近で観て思った率直な感想はこれです。

 

「シュートが入らん」

 

これです。

海外に行った日本人選手は必ず言うと思います。

「キーパーのレベルが高い」って。

 

では、そのレベルが高い選手は何がレベルが高いのか?

色々ありますが、今回はシュートへの反応スピードをどうやって上げるのか?

 

ただ反射神経ってよりは、「ある技術」を使うことにより、シュートへの反応をあげているということです。

 

僕が海外のGKコーチとやりとりを始めてから、一番最初に興味を持っていたゴールキーパーのお話です。

その選手は当時アトレティコ・マドリードにいました。

 

正直、ベルギーのヘンク時代のクルトワ選手の映像もGETして見ました。

17歳でトップチームデビューを果たした才能も、正直そこまでシュートへの反応は早い印象はありませんでしたね。

僕の中ではアトレティコ・マドリードで、スピードアップに成功したと見ています。

 

身長は199cmでバカでかいです。

そこに頼っていた部分が完全にカバーされています。

 

逆にその大きさでスピードがあることで、驚異のシュートストップ率になった。

スペインでの反射トレーニングが彼を成功への導いたと思います。

 

では、その部分は何なのか?

まずはこちらの映像をご覧ください。

非常に素晴らしいシュートストップですよね!

身長があり、ここまでシュートへの反応が速いとたまったもんじゃありません(笑)

 

では、彼はどうやって速くなったのか?

その一つの技術をご紹介しましょう。

 

それは「コラプシング」という技術です。

「コラプシング」とはダイビング技術、足を払って倒れる技術です。

 

このコラプシングを覚えると非常に有利にシュートストップすることができます。

しかし、最近はブロッキングという技術と動きがごっちゃになっているシーンも多く、ゴールキーパーにとってはボールとの距離感で「技術を選択する」ことが求められています。

この失点シーンでは足をうまく払えていないため、手が前に出ませんでした。

そして体も後ろになってしまいました。

 

さっきのクルトワ選手のシーンとシュート位置は逆側ではありますが、ほぼシュートの距離はほぼ同じくらいでしょう。

うまく足を払うことができれば、必ず守れたシーンでした。

 

コラプシングはフォームが良ければ、身体がスッと綺麗に横方向になります。

ダイビングフォームの違いがわかるのではないでしょうか?

究極な話ですが、シュートを止めればチームは負けることはない。

 

みなさん、そう思ったことは何度もあるのではないでしょうか?

そのためには様々な技術を駆使してあらゆるボールをストップする必要があります!

 

シュートへの反応スピードは必ず鍛えることができます。

どんなに遅い選手でも、必ず速くなります。

 

そのためにはまず正確な技術の発揮、いわゆるフォーム改善とその動きをしっかりと身体が習得する必要があります。

そして、しっかりと目でボールを追うことです。

 

目がボールについていけなかったら、それは人間的に反応することはできません。

ですが、目で追えたとしても動けなかったら何も意味がありません。

 

だからこそ正確な技術を知れば、必ずあなたもシュートストップに強くなれるでしょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 中山英樹 GKコーチ 公式サイト , 2018 All Rights Reserved.