相手FWとの1対1。あなたの指導するゴールキーパー は勇気を持って飛び込めますか?

 

最後の最後でチームを救えるのはゴールキーパーしかいない。

そこの必要なものは勇気だ。

だが、勇気を持っていたとしても技術を発揮できなければ意味がない。

そこで今回は相手がボールを足元から離した瞬間に狙うフロントダイビングを紹介したい。

相手のシュートをブロックする技術をマスターさせよう。

 

プレッシャーを軽減してキーパー練習を行う

いきなり普通のボールでGKトレーニングを開始すると・・

 

痛い

怖い

 

などのネガティブな要因が前に出てきます。

そのプレッシャーを軽減するためにゴムボールを使用します。

 

トレーニングはシンプルな構成

GKトレーニングの仕方はシンプル。

最初に中央の人からのボールを正面キャッチした後に、サイドのボールに飛び込みます。

ワン ネガティブ / ONE NEGATIVE(511192) キーパーグローブ キーパー手袋 イエロー エイチオーサッカー(HO SOCCER)

価格:8,549円
(2020/5/9 10:36時点)
感想(0件)

距離に応じてブロックの方法を変える

相手が足元からボールを離した想定。

しかし、距離感がその都度違うだろう。

だからこそ、その距離感に応じたブロックを行うことだ。

 

距離が少し近めの場合は両手を突き出した形でブロックに行こう。

距離が遠い場合は体を大きくしてブロックを行う。

 

体をボールに投げ出したけど、ボールに当たらない・・

一生懸命ボールに向かってアタックしている。

だけどボールが体に当たらない・・

その場合、体の中心にフロントダイビングできていないことがほとんどだ。

シュートコースに飛ぶのではなく、ボールへ飛ぶことだ。

そのために、踏み込む足を少し内側へ入れることで、ボールの中央へアタックできるようになる。

 

最後は普通のプレッシャーに戻すことがキーパー練習のコツ

あくまでもこのボールへのアタック理論を習慣化させるためにゴムボールを使用している。

しかし、通常のサッカーではもちろん普通のボールで試合がある。

 

だから、最後は普通のボールを使ってGKトレーニングを行うことだ。

試合と同じ想定で行うことで、ゴールキーパー はさらに伸びることができる。

あくまでもプレッシャーを軽減するということは、一つ前の段階に戻ることに過ぎない。

その部分をGKコーチは間違ってはいけないのだ。