【ゴールキーパーだけの全国大会】という響きは、ゴールキーパーなら誰しもが反応するはずだ。

キーパーだけの大会なんて今まであっただろうか?

ゴールキーパーのあなたなら、気持ちが高ぶらずにはいられないだろう。

私自身も興奮している。

何も気にしなくていい。

ゴールキーパーだけの世界だ。

今年はできる限りのエリアでの開催になるだろう。

ぜひお近くの会場でキーパーバトルに挑戦してほしい。

 

レギュレーションをチェック!

それでは気になるレギュレーションをチェックしていこう!

基本的には22mの長さで戦うこととなる。

アタックエリアの5.5mの中のみでシュート可能。

シュートは置いて蹴るもよし。持って蹴る・投げるもよし。

ゴールキーパーが弾いてセカンドボールができた場合はダイレクトシュートのみOK!

非常にシンプルなルールのキーパーバトル。

 

他の会場の開催は?

各会場のリリースは徐々にかけていく。

以下のバナーをクリックして、キーパーバトルの公式サイトをチェックしてほしい。

現在、島根大会・大阪大会・愛知大会・京都大会は決定になるだろう。

その他、兵庫大会・石川大会・神奈川大会・愛媛大会・東京大会などを検討中だ。

キーパーバトルの件について聞きたい場合は、以下の中山英樹公式ラインより質問を受け付けている。

 

申し込み受付開始は7月12日(日)10:00〜より

7月12日(日)10時より申し込み受付を開始する。

すでに参加表明を私のSNSのDMで続々といただいている。

定員に達し次第、参加受付は終了するので、急いでほしい。

先ほどのキーパーバトルの公式サイトより受付することができる。

 

あなたがゴールキーパーを初めてきっかけ

ゴールキーパーを始めたきっかけは何だっただろうか?

少なくともゴールキーパーがシュートを止めることへの喜びだったのではないか?

 

私自身もそうだった。

そのゴールキーパーにとって、一番楽しい【シュートを止める】ことにフォーカスした大会が【キーパーバトル】だ。

さあ、キーパーバトル初代王者は誰の手に?