ゴールキーパーの試合中の走行距離が試合を決める・・と言っても過言ではないと思っている。

2014年のW杯ではドイツ代表のノイアー選手の活躍は、今でも記憶に残っているのではないでしょうか?!

ノイアー選手といえば、どんなプレーのシーンが思い浮かびますか?!

約52秒までのシーンのような前に飛び出すシーン、こういったイメージが多いのではないでしょうか?

前に飛び出すということは、それだけ走ります。

走行距離が伸びるということになりますね。

 

2010年W杯のカシージャスの走行距離は?

2010年のワールドカップでは延長戦で、スペインが1-0でオランダに勝利しました。

その時のゴールキーパーの動いたエリアを示しています。

スペインのイケル・カシージャス選手は決勝戦で、129分間で約4.5km動いたことを示しています。

一方、オランダ代表のマールテン・ステケレンブルフ選手は129分間で5.7km動いたことを示しています。

大会を通じて非常にポゼッションを意識したチームが多かった印象です。

オランダが43%、スペインが57%の支配率でした。

 

スペインのゴールキーパーのチョイス

私自身がスペインのGKコーチに話を聞いた時、あることを話していました。

この時はスペインでも色々とあったみたいですが、

 

「ビクトル・バルデスが出場していれば完璧だった。」

 

そんな話もあったそうです。

その理由は、「スペイン代表のチームスタイル」と「ゴールキーパーのタイプ」の不一致があったようです。

 

チームとしての力の差もあって判断が難しいかもしれませんが、

どちらのゴールキーパーが積極的にポゼッションに関わっていたかはわかると思います。

 

 

2014年のワールドカップのゴールキーパーは?!

ここから2014年のワールドカップについての話です。

準決勝のゴールキーパーの動きをまずは見てみましょう。

準決勝はブラジルvsドイツ、1-7とブラジルが歴史的大敗をしたゲームでした。

ブラジル代表、ジュリオ・セザール選手の走行距離は92分で約3.1km。

非常に押し込まれていたゲームというのは想像できますね。

 

ヒートマップで見るマヌエル・ノイアー

続いてドイツ代表、ノイアー選手ですが92分で約5.8km

幅広いエリアをカバーしていることがわかります。

 

オランダとアルゼンチンのGKは?!

もう一方の準決勝ですが、アルゼンチンがPK戦の末、オランダを下した試合でした。

オランダのシレッセン選手は127分で6.2km

そしてアルゼンチンのロメロ選手は約4km

チームの戦術であったり、その時の試合の状況でゴールキーパーの走行距離が変わってくると思います。

2010年のW杯から比べても、オランダ代表はゴールキーパーの走行距離が長いということがわかります。

 

走行距離が長い=勝利・・とは絶対に言えないわけは?!

走行距離が長ければ、絶対に勝利するわけではありません。

ただ、走行距離が長ければいいというわけではありません。

現にオランダ代表は、PK戦でアルゼンチンに敗れています。

ゴールキーパーに足元の技術が求められているのはいうまでもありません。

ですが、ゴールキーパーとしての、

 

「ゴールを守る能力」

 

そもそもゴールキーパーの本質から逃げてはなりません。

シュートストップができるゴールキーパー に、足元の技術が備わることで、勝利に近づけるということが言えるだろう。