キーパーバトルというゴールキーパーだけの大会。

 

日本では初の試みだ。

ゴールキーパーだけが22mの間で闘う。

ゴールキーパーを行っている上で一番楽しい【ゴールを止める喜び】を噛み締めることができる。

そして普段はできない【ゴールを奪う】というサッカーの本質もある。

そんなシンプルな闘いが8月10日に行われた。

 

晴天に恵まれた?福岡大会

受付が行われた午前9時。

天気はすごくよく、絶好の大会日和となったはずだったが・・・

途中、何度も雨が降り、風も強く、大変な大会となった・・・。

 

コロナの影響で変更を余儀なくされた大会

コロナウイルスの関係で参加を辞退する選手が続出。

その度に組み合わせやトーナメントに頭を悩まされた。

そんな裏方で大活躍したのは、ご存知ひかりコーチ。

大会ではキーパーバトルのバナーを掲出。

そのほかにもサポートいただいた(株)にしけい様、HO SOCCER様のバナーも掲出。

 

投げてよし!蹴ってよし!

キーパーバトルは1vs1のシンプルなバトルだ。

自分が攻撃できる5.5mの中からスローイングやキックでゴールを狙う。

キックでは5.5mの攻撃エリアであれば、持って蹴ってもいいし、置いて蹴ってもいい。

 

大会参加者はゴールキーパーが大好き!

やはりゴールキーパーが大好きな人たちが集まってくれた。

子供から大人までゴールキーパーがガムシャラにボールを追いかけた。

また、組み合わせの関係から、福岡ゴールキーパースクールのスタッフも参加した。

 

ピッチ外でも仕掛けが!

ピッチ外ではタピオカやかき氷などもあった。

また、HO SOCCER様のグローブやグローブグルの試着などいつもならできないことも。

 

熱線の外ではゴールキーパーの友情が芽生える

ピッチでは3分の戦いがどんどん続く。

そんなピッチ外では、選手同士の交流もあった。

ゴールキーパーだからこそ分かり合える話もあり、非常に楽しい時間となった。

 

サッカーボーリングやキーパークイズも

中盤に入ると、ピッチ外ではサッカーボーリングやキーパークイズなどにチャレンジ!

福岡ゴールキーパースクールスタッフが考えたクイズなどに選手たちはチャレンジした。

 

ゴールキーパーだからこその光景

ゴールキーパーは素晴らしいポジションだ。

ゴールキーパーは唯一手が使えるポジション。

そのゴールキーパーにしかわからない想いや悩みなどがある。

精一杯ゴールを守り、ゴールを奪う姿勢はみている私たちに感動を与えてくれた。

 

大成功の福岡大会!

約50名の選手が参加してくれた福岡大会は大成功となった。

入賞者にはトロフィーや景品などが渡された。

また、運営を行った福岡ゴールキーパースクールスタッフもやり切った表情!

雨が降ったり、風が強かったりと色々あったが、とにかく第1回の福岡大会が終了できたことは非常によかったと思う。

今後も継続してキーパーバトルを行いたいと思っている。

 

ゴールキーパーは孤独じゃない。

これだけの人数が集まって熱い想いをぶつけることができるのだ。

その姿勢に必ず周りがついてきてくれると思った。

ぜひゴールキーパーにはその雰囲気を味わって欲しい。

さらにゴールキーパーが大好きになってくれると信じている。

また、ゴールキーパーだけで集まりましょう。

みなさま、ありがとうございました。