家でできるゴールキーパーの筋トレ・キャッチング編です!

 

前回は筋トレ3選ということで、オーソドックスな筋トレをご紹介しました!

後半となる今回は、特にキャッチングに特化した腕立て伏せをご紹介!

がっちりキャッチングをするために、継続して取り組んでいきましょう!

 

スポンサーリンク







ボール1個を使っての腕立て

ボールを使って腕立て伏せを行います。

1点に集中するため、非常にパワーのいる腕立て伏せとなります。

キャッチングの手の形をしていると、実際にキャッチした感覚と同じになります!

ボールを2個にして、大きな動作の腕立て伏せ

ボールを2個にした腕立て伏せです。

深くまで腕を曲げることはできるけど、そこからあげるのが一苦労w

腕立ても一度形を崩してしまっても、そのまま続けましょう!

最悪、補助しながらあげることをお勧めします。

「上がらない・・・。」

ではなく、補助してでもギリギリまでパワーを使ってあげることが大事になります。

 

中山もチャレンジしてみた!

もちろん、「ひかりコーチや土谷コーチに課題を科してる以上、私自身もできなければならない!」

と、思ったのでチャレンジ!

もちろん腕立て伏せを行うことができますよww

 

最後まであきらめない姿勢が大事!

できなかったひかりコーチも最後までチャレンジ!

しっかりと腕立てを行うことができました!

筋力には人それぞればらつきがあると思います。

だからこそ継続する必要がありますね!

前編とともに、この後編の内容を火曜日・木曜日に行うことをお勧めします!

夏のサマーボデーを目指して!!!!w