想い描く未来に向けての成功するマインドについて考えていきたいと思います。

 

想い描く未来をつかむためのマインドってどんなことでしょうか?!

私自身は大学を中退しました。

自分が思っていたのは、当たり前の人生設計をあまり考えなかったことです。

やりたいことをないがしろにはできず、大学入学時に思っていたことを大学4年を過ごした後に行うってのは考えられなかったですねw

では、その中山が飛躍できた理由を7つご紹介していきます。

 

一つ目はポジティブであること。

前向きで、「自分が変えていくぞ!」っていう想いが大事。

大学の時はネガティブでしたが、まずは・・・

 

やってみる。

行動してみる。

このマインドがいつの間にか自分についていましたね。

 

自分を悲劇のヒーローにしてしまう

悲劇のヒーローになるな!ってところも大事ですね。

大学中退だから・・・

って悲劇のヒーローになっていましたね。

 

やはりポジティブ化っていう部分が絶対に大事になります。

 

「お前今でもサッカーに関わって仕事できてるからいいよな〜」

なんて声を聞くこともあります。

 

それを行動に移したからこその結果だと思っています。

 

動き出した時にプライオリティ(優先順位)が大事。

24時間で何をしますか?!

 

目標設定を明確に

目標を設定はしていますか?

なんとなくやっている人は適当にやる。

何でもかんでも良さそうだから手を出す。

ただ稼ぎたいから。

何が強み?

何を売りたいの?

 

指導だったら?

何を今日やりたかったの?

トレーニング疲れたけど、何を下の?

 

テーマがボケないように、プランニングすることが大事ですね。

 

自分自身を監視できているか?

そしてそのやろうとしていることを自分自身を監視できるか?です。

他人は結果だけを見ます。

でも、実際に結果・成功していく過程の中が大事ですよね。

 

1ミリでも進んでいればいいんです。

少しずつでも進めていくこと。

 

それを自分で自分を監視することで、行動していくことができます。

やれる人は即行動しています。

 

ソッコーです。w

 

ふと10秒後に言ってしまう

こんなことがあって笑い話になったのですが、私が社員に「これやっといて」と、仕事を振った時に10秒後に

 

どうなった?

 

って聞いたらいいんですw

それくらい即行動を意識していますw

 

結果はソッコーではない

ただ、結果が出るのはソッコーじゃない。

強いマインドを持って、日々取り組まなければ結果はできません。

 

1ミリでも1センチでも進めてください。

 

進めていない人は言い訳が先行します。

とにかく言い訳をする。

最初から言い訳をするんですよね。

 

否定的な言葉が多いですね。

でも、しかしなど・・・

 

まずやって見ることが大事です。

 

悲劇のヒーローになるな。

もっと頑張っている人はいます。

 

GKコーチを仕事にするために、夜中に仕事をしていた日々

GKコーチをし始めた時は、夜清掃の仕事をしていました。

夜の9時から次の日の明け方とかまで。

 

そりゃ羨ましい光景を横目にしながらやってきました。

飲みに行っている人たちがギャーギャー騒いでいるのを見たり・・

カップルでイチャイチャしていたり・・

 

当時19歳ですから・・。

まあ葛藤はありましたね。

 

でもそんなことを思ってもしょうがない。

それよりも自分が変わればいいだけ。

 

自分と同学年が22歳で大学を卒業する時に、自分の方が上に行ってやる。

 

そういったマインドでやってました。

言い訳してもしょうがない。

 

行動しない人はダメ。

ただ、結果が出るのはソッコーじゃないので、そこは根気強くやっていくことが大事です。

 

少しずつ進めてほしいと思います。

 

でも、思うだけじゃダメです。

 

やってください。

実際にやってみてください。

そうしないと

自分の想い描く未来はつかめません。

成功した人は良いマインドを持っています。