コロナウイルスの影響で活動自粛のチームが多く、私の指導する東福岡高校でも休校・部活停止となっています。

これに関しては仕方がないことですし、活動をされているところは十分気をつけて活動を行ってほしいと思います。

 

スポンサーリンク







2018年にはオンライン化していたレクチャー

さて、私の運営する福岡ゴールキーパースクールでは、一昨年よりすでに雨の日の講義をオンライン化していました。

そのツールは【zoom】です。

自宅で体を休めながらゴールキーパー理論を学ぶことができます。

 

使っているウェブカメラは?

最初はMacBook Proのインカメラを使用していましたが、ボードなどに書く時には少し不便・・・。

なので、まず映し出せるウェブカメラを購入!

高性能機器 テレビレッスン対応[ロジクール]WEBカメラ C615Nモニターでの対面学習などに!英会話レッスンに最適!

価格:7,425円
(2020/3/9 20:26時点)

三脚などにつけて自由に動かせるようになったため、非常に効率が上がりました!

しかし、次は解像度という見やすさが問題となりました。

 

距離を話すと鮮明に見えない・・

距離を離すと鮮明に見えず、コーチが小さく書くと見えない・・

そう言った問題が出てきました。

その時に、知り合いの方に教えていただいたのがこちらのウェブカメラ!

東証上場の安心企業★ logicool ロジクール ウェブカメラ BRIO C1000eR

価格:23,498円
(2020/3/9 20:29時点)

こちらのカメラは4Kにも対応していて、価格も安価!

買った後には、見えにくいと言った話は出てこなくなりました!

 

せっかく見てもらうならストレスがない方がいい!

オンライン授業とは、その場で肩をポンポンと叩けるわけではありませんw

だからこそ、しっかりと内容を伝えていくためにははっきり鮮明に見えることが重要と考えます。

 

映像を共有できる

こちらが準備した映像を参加者全員に共有する機能も備わっています。

インターネット回線のため、若干速度が遅いですが、それでも十分!

 

オンライン・オフラインの良さを活かす!

特にコロナウイルスのこの時期ではオンライン化は非常に注目されています。

しかしながら、オフラインにも良いところはあり、直接その場で聴きやすい雰囲気があります。

オンラインだったら、チャットでの質問になるでしょう。

どちらにしても、良さを活かすことが重要です。

オンラインで授業するなら、ぜひzoomを使ってみよう!