私には秘密兵器があり、その秘密兵器が爆発的なダイビングスキルへと繋がっている。

 

それはプライオメトリクスボックスという秘密兵器だ。

私が指導している福岡ゴールキーパースクールはもちろん、東福岡高校サッカー部でも使用しているボックス

今回はこのプライオメトリクスボックスを使ったゴールキーパー練習を紹介していく。

 

スポンサーリンク







ボックスに当てて反応速度をアップするGKトレーニング

まずは単純にこの台に当てて跳ね返ったボールに対してシュートストップを行います。

GKコーチがゴールキーパーの後ろからランダムに蹴っていきます。

 

いつくるか分からないからこそ構を大事に!

見えないので、いつくるか分からない状況

試合中でも、予測不能な状況も出てきます。

だからこそ、構えを安定させましょう。

膝の高さよりもお尻(重心)を上に置いておくことが大事になります。

 

台を利用した複合的なGKトレーニング

次はプライオメトリクスボックスに跳ね返ってボールに対してストップ。

その後に、中央からのシュートを止めるという複合的なトレーニング。

 

1stプレーの弾き方がうまくいかなかった想定

全てのボールをうまくはじき出せるわけではありません。

特に最初のボックスの反応GKトレーニングなんてまさにそうです。

試合中に無回転などの意図的にはじき出せなかったボールに対して、逆へボールが跳ね返る時があります。

セカンドプレーで逆方向へいくゴールキーパー練習も取り入れてみてください。

 

ボックスから飛び降りてダイビング

最後はプライオメトリクスボックスから片足で飛び降りてセービングします。

セービング練習を行うときは、十分に受け身や着地に気をつけてください

ダイビングするときの踏み込みの仕方によってスピードやパワーが変化してきます。

 

そもそもプライオメトリクスとは?!

中山英樹的GK論でも、すごく取り入れられているのがプライオメトリクス。

簡単にいうと、SSC・ストレッチ・ショートニング・サイクルです。筋肉の伸長反射を利用しています。

エバニュー プライオメトリクスボックス 30S ETB617 1台

価格:25,876円
(2020/5/6 14:28時点)
感想(0件)

小さい頃、輪ゴムを使って鉄砲を作ったことはないだろうか?

それと同じで、筋肉を伸ばしてパン!と輪ゴムと同じく縮める感じだ。

そうすることで、爆発的なセービングが可能になるだろう。

ただ、こちらのプライオメトリクスを取り入れたトレーニングを多くしすぎると、怪我へつながる可能性がある。

できれば、週2回ほどにおさえてほしい

それほど負荷の強いトレーニングなのだ。