スマホをフル活用することで、さらにゴールキーパーの進化は加速する。

 

私の福岡ゴールキーパースクールでは、GO PROなど多くのカメラを使用してトレーニングを撮影している。

だが、ほとんどの場合は複数台のカメラを持ち合わせていることはないだろう。

しかしながら、今は良い時代だ。

スマホはほとんどの人が持っている。

そのスマホを使ってゴールキーパーはうまくなれる。

まずはその方法をお伝えしたい。

 

スポンサーリンク







プレーを撮影するには何が必要?!

意外とここ、盲点なんです。

スマホを手撮りする人が多いんですね。

でも、これすごく大変です。だから続かないんです・・。

なので、撮影時には必ず三脚を使ってください。

私が使っている三脚は縦にも横にもなるし、Bluetoothで遠くからでもボタン一つで撮影を開始できます。

SSKY&Dispho 三脚機能付セルカ棒 Bluetoothリモコン セルカ棒 三脚 自撮り棒 三脚 スタンド テレワーク 自分撮り リモコン セルフィ iPhone6/6s/iPhone7/iPhone8/X/Plus/11 一部のAndroid 伸縮式スティック 折りたたみ式 スマホ三脚 スマートフォン三脚

価格:3,580円
(2020/8/7 09:18時点)
感想(10件)

実際にスマホでの撮影シーンはこちら

私はiPhoneを使用していますが、正直言って十分です。

撮影時は横向きで撮影しましょう。

もちろん、キーパーの動きをスクリーンショットすると、ブレはしますが、映像で見たら何も問題はありません。

しっかりとポイントを撮影することができます。

また、特にマイクなども使わなくても、十分に声を拾ってくれますので、その時の臨場感あふれる映像を撮ることができます。

 

撮影した映像を何度も振り返えれる

撮影した動画は記録です。

選手の記憶ではないので、確実に冷静になって見返すことができます。

 

ただ、見返すだけでは正確に知ることができないかもしれません。

なぜかというと、それが正しいかはわからないからです。

その場合はぜひ気になるシーンを中山まで送ってください。

アドバイスを行うことができます。

ぜひ自己満足だけでなく、今後につなげていきましょう!

中山のSNSはこちらをクリック!