「バックパスの処理に戸惑うことがある。」

そういったゴールキーパーからの悩みを多く聞くことがあります。

 

・バックパスがうまく処理できない

・できればバックパスが来てほしくない

・相手からのプレッシャーをいつも感じてしまう

 

など、バックパスは昔のゴールキーパーから現代のゴールキーパーともに、悩みの種でしょう。

しかし、3つのポイントを意識するだけで、プレッシャーを感じにくくなります。

スペースがなく、時間もない今のサッカーのプレースタイルに柔軟に対応できるゴールキーパーになっていきましょう!

 

スポンサーリンク







バックパスで大事にする3つのポイント

すぐに試合で使える3つのポイントはこちら。

 

・スターティングポジション

・ファーストタッチ

・パスの質

 

この3つです。

特に最初のスターティングポジションによっては大きくプレーの質が変わってきます。

この部分を詳しく解説します!

【 50%OFFクーポン配布中 】ナイキ ズーム ライバル フライ 2 メンズ ランニングシューズNIKE シューズ メンズ スポーツ ランニング ジョギング ローカット ロー LOW

価格:9,350円
(2020/11/11 12:48時点)
感想(0件)

立ち位置をどこにするか

一番大事な部分は【ボールを受ける前】の立ち位置・スターティングポジションです。

 

・バックポスを受けなければならない

・ゴールキーパーという特別なポジション

 

この二つが大きくポジションを狂わせます。

どうすれば相手からプレッシャーを受けづらいところにポジションを取ることができるのか?

 

サポートする時に寄ってしまう

これはよく見るミスです。

仲間にパスを出したあと、もしくはパスを受ける時にボールに寄ることです。

寄ってしまうことで、仲間からバックパスを受けた時、相手との距離が近くなってプレッシャーを感じてしまうからです。

少し距離感を取ることが大事になります。

距離感がなかなか取れない場合は横幅だけでなく、縦幅を取ることが重要です。

MIZUNO ミズノ モレリア 2 P1GA150101 ブラック×ホワイト   サッカー スパイク

価格:13,860円
(2020/11/11 12:52時点)
感想(0件)

ゴールを外すのか?外さないのか?

良いスタートポジションを取る上でもう一つ大事なポイントは、ゴールとの関係です。

 

ゴールを外すのか?外さないのか?

 

実はこれってどっちでもいいんです。

ただ、条件として仲間がバックパスを行う時に、アイコンタクトが取れていない場合はムービングしない(動かない)ことです。

ムービングしてしまうと、ゴールを外した瞬間、フィールドプレーヤーはゴールキーパーがゴールにいると勘違いして、ゴールに向かってバックパスを行うことがあります。

実際にトッププロでも同じミスが起こり、オウンゴールが頻発しています。

ぜひ注意してください。

SUPREMO PRO II ROLL NEGATIVE BLACKOUT 【HO SOCCER】HO サッカー キーパーグローブ 19FW(51.0731)*35

価格:10,999円
(2020/11/11 12:56時点)
感想(0件)

1stタッチの重要性

2つ目のポイントは、ファーストタッチです。

実はゴールキーパーは蹴る練習は多く行いますが、ボールを止めるトレーニングが欠落しています。

ゴールキーパーにはシュートを止めることと同時に、ボールを足で止めることが求められています。

 

・足元にボールを止めてしまう

・大きく止めてしまう

 

など、何度もボールに触ってプレーしなければいけない状況は、どんなにスタートポジションが良くても、相手からプレッシャーを受ける可能性が高くなります。

1回でフィードできるポイントにファーストタッチを意識しましょう。

そうすることで、前にスペースがあれば、ドライブすることも可能となってきます。

プレデター GL PRO【adidas】アディダス サッカーキーパーグローブ 20Q3(IRI28-FS0394)*24

価格:12,409円
(2020/11/11 12:57時点)
感想(0件)

 

パス(キック)のクオリティ

最後にパスの質です。

良いポジションを取り、ファーストタッチも良いところに置けた。

しかし、肝心のキックがうまくうまくけれなければ、チームは長くボールを保持することはできません。

パスの質に関しては、何度も何度も反復して蹴ることです。

キックは何回蹴っても飽きないと思います。

できる限り多くに蹴る練習からスタートしていきましょう。

ウールシュポルト uhlsport ニーパッドJR U81704 sc

価格:2,772円
(2020/11/11 13:01時点)
感想(2件)

 

2人でできるバックパストレーニング

チームでGKコーチがいない場合、なかなかGKトレーニングできないと思います。

今回は2人でできるバックパス処理のトレーニングを公開します。

ぜひチームでバックパスを受けても、怖がらずにプレーできることを目指していきましょう!

また、今後こういったテクニックやトレーニングを習得できる『GKカリキュラム』を発表しますので、以下の【日本一ゴールキーパーを学べる学校 クラスリベロ】で発表しますので、ご登録をお願いします。