初の檜舞台は出番を得られず、仲間たちの活躍を見守ることしかできなかった。

==========

FC東京U-18に籍を置く野澤大志ブランドン。

アメリカにルーツを持ち、沖縄で生まれ育った193センチの大型GKはブラジルで開催されたU-17ワールドカップに挑んだ。

 

U-17ワールドカップ ではサブGKとして明るく振る舞う

U-20ワールドカップなどに飛び級で出場していた鈴木彩艶(浦和レッズユース)が大会直前で合流したため、守護神の座は譲った。

だが、高いモチベーションで日々のトレーニングに励み、サブ組だけの練習では高桑大二朗GKコーチ、佐々木雅士(柏レイソルU-18)と懸命にボールを追い掛けた。

全体トレーニングが終わってもポジティブな姿勢を崩さず、明るい表情で仲間の居残り練習に付き合っていた。

ピッチ外でも仲間に冗談を飛ばしながらチームを盛り立てた点も含め、そうした愚直な姿勢がチームの雰囲気作りに一役買ったのは間違いない。

 

J3デビューを果たした、間違いない逸材

今大会は1試合も出番を得られなかった。だが、その能力に疑いの余地はない。

中学時代はFC琉球U-15に所属。

将来性を買われ、高校1年生の春にFC東京U-18へ加わると、今年6月にU-23チームの一員としてJ3デビューを果たした。

キックの精度や技術面は課題だが、リーチの長さやハイボールの強さは目を見張るものがある。

また、努力家であり、才能だけに頼ってきた選手ではない。

昨秋のU-16アジア選手権では第2戦に出場した以降は出番を得られていなかったが、タジキスタンとの決勝で先発の座を奪取。

大会中に評価を高め、最後の最後にポジションを奪ったメンタリティーも野澤の武器だ。

 

鈴木彩艶に負けない、高い評価

その実力は鈴木にも負けていない。実際に鈴木に不測の事態が起こっても「野澤が控えている」安心感はあったし、森山佳郎監督も高い評価を与えていた。

第2GKとして挑んだが、ブラジルの地で培った経験は何事にも代え難い。

その体験を次に生かし、2年後のU-20ワールドカップはレギュラーとして挑めるか注目だ。

アディダス adidas サッカー/フットサル キーパーグローブ プレデタープロ DY2594

価格:13,612円
(2019/11/30 15:32時点)