クロスボールは日本のゴールキーパーの課題と言われてきました。

私自身もクロスは苦手でした。

でも、色々と勉強していくうちの気づいたこと、それは・・

 

単純に、チームでクロスの練習をしたことがない。

でしたw

今回はクロス時におけるゴールキーパーのポジショニングをマスターしていきます。

このポジションが取れれば、幅広くエリアを守ることができるゴールキーパーになれるでしょう。

 

第一にシュートを考える

クロス・・とは言っても、ゴールにボールが飛んでくれば失点する可能性があります。

ゴールキーパーの本質はゴールを守ること。

まずはシュートを守れるポジショニングを取りましょう。

ボールがゴールまで到達する時間が長いので、多少前に出ることができます。

あくまでもシュートが守れることができることが大事。

前に飛び出して先にクロスを取りたい気持ちもわかりますが、まずはゴールを守りましょう。

今回中山が使用していたキーパーグローブはこちら!

GKグローブ エイチオーサッカー フェノメノン プロ ロールネガティブ 51.1208 HO SOCCER

価格:20,900円
(2020/3/2 11:16時点)

立ち位置が決まったら、身体の向きを調整しよう

スターティングポジション(立ち位置)が決定したら、次は身体の向きです。

ボールに正対(ボールに真っ直ぐ向くこと)すると、後方にきたボールの対応ができません。

なので半身で構えることが大事になります

 

蹴られるボールの位置で変わるスタートポジション

ポイントはエリア分けをすることです。

エリア分けをすることで、ゴールキーパーのポジショニングをはっきりさせていきましょう。

 

ペナルティエリアとゴールエリアの間

一つ目はペナルティエリアとゴールエリアの間の11mのスペースからクロスをあげられる場合。

直接シュートが考えられるエリアであり、シュートを考えつつ、ゴールキーパーの前方スペースを意識するポジショニングが必要です。

今回ひかりコーチが使用していたキーパーグローブはこちら!

ワン コンタクト エボリューション 【HO SOCCER】HO サッカー サッカー キーパーグローブ 20SS(51.1205)*00

価格:8,030円
(2020/3/2 11:19時点)

ゴールエリアとゴールラインの間

もう一つはゴールエリアとゴールラインの間の5.5mからクロスをあげられる場合。

この状況ではシュートが絶対ないわけではありませんが、可能性としては下がってきます。

その場合はシュートの可能性が低いため、少し前に出ることができます。

 

クロスされる位置を早くつかむことが大切

クロスになぜなるのか?

それは中央がブロックされているので、サイドにボールがいきやすくなります。

そのサイドへ出されたボールがどこでクロスをあげられるのかを早くつかむことが重要です。

先ほども話をした、どのエリアで蹴られるのか?

それがわかっているだけでもポジションをとりやすくなります。

シュートされてもゴールを守れる。

そしてゴール前の広いスペースをできる限りカバーできるポジションを取っていこう。

また、下記の動画ではクロスのポジションについて触れているので、ぜひチェックしてほしい

今回使用していた撮影機材はこちら!

GoPro HERO8 Black CHDHX-801-FW 認定microSDカード32GB 公式ストア限定 非売品ステッカーセット

価格:55,880円
(2020/3/2 11:22時点)