キャッチかはじくのかの判断。

この部分についてはゴールキーパーであれば、誰もが経験している一瞬の出来事だ。

この判断がチームを救うと言っても過言ではないだろう。

ただ、間違えてほしくないのは、できるのであればキャッチをした方がいい。

キャッチができないからはじく。

その部分を忘れてはならない。

 

強いボールが来たときは、手のひらの固いところではじく!

強いボールが来た場合、手のひらの固いところではじくこと。

この『はじく』という動作を【ディフレクティング】と言う。

タイミングよく、ボールを押し出すイメージで弾いていこう。

 

パリーゾーンにはじく!

そしてはじく方向が大事だ。

前にはじいたらセカンドボールを詰められる。

かと言って、後ろに弾けばコーナーキックとなり、相手にセットプレーを与えてしまう。

ゴールエリアのライン際にはじく。

そのスペースのことをパリーゾーンという。

 

ギリギリのシュートコースに来た場合、指先で回転を変える

ポストギリギリにボールが来た場合、手のひらの固い部分ではじくことは困難だ。

その場合、指先で弾かなければならない。

その場合、指先でボールを押し出したりすることは基本的に難しい。

それよりも、シュートの勢いを利用して、ボールの回転を変え、外にボールを出すこと。

 

ポイントは指だけで行う

手首でボールを回さず、指を回してボールの回転を変えよう。

一瞬のプレーのため、反復してトレーニングが必要になるだろう。

 

一瞬の勝負に勝つために

キャッチかはじくかの判断も一瞬。

はじくときの動作も一瞬。

この瞬間の勝負に勝たなければならない。

そうなったときに、大事なことは意識しなくても体が覚えていることだ。

何度も反復を行って、その場面が来たとき、体が勝手に動き出せるまでトレーニングを行ってほしい。

一瞬の判断・プレーのクオリティを決めるのは、自分のプレー回数だけだ。