シュートへの反応速度をあげていくことは永遠のテーマだろう。

 

ゴールキーパーの醍醐味はシュートを止めることだ。

その中で、ゴールキーパーの反応練習をよく見ることがある。

そこで出てくるキーワードの一つとして動体視力がある。

動体視力とは、【動いている対象物(動体)に対して視認するという能力】だ。

では、ゴールキーパーに必須ともいえる動体視力を上げるゴールキーパー トレーニングを5つご紹介する。

 

ミニボールを使ったトレーニング

私はゴールキーパーの練習用具として、ミニボールをよく使う。

100円ショップなどでも購入できるミニボール。

私はサガン鳥栖でGKコーチをしていたころにもらったサインボールを使用している。

そのミニボールを使って、ゴールキーパーが避ける練習だ。

ゴールキーパーの固まっている構えを自然な動きにするためだ。

いつもよりも小さいボールに対して、しっかりと目でボールを追うこと。

これが大事になってくる。

 

ボールに体を運んでキャッチング

次は実際にボールにできる限り体を運んでボールをキャッチングしていく。

GKから見て右に来た場合は右手でキャッチしてみよう。

そして、逆てでキャッチするトレーニングも入れてみる。

そうすることで、ボールを観てどちらの手を出すかの判断なども養うことができる。

 

2つのゴールに対して反応スピードをあげていく

3つ目は単純に投げられたミニボールに対してゴールキーパーが反応してボールを弾き出す練習だ。

ボールが小さいことで、ギリギリまで目でボールを追うこと。

ミニボールを使うと、実際のボールが大きいので感覚で触れていたボールがさわれなくなる。

だからこそ、目でボールをギリギリまで追って弾き出すことができるようになる。

 

ボールを2つ置いて

4つ目はボールを2つ並べて置く。

そして、どちらかのボールをコーチがキックする。

一点に集中できないだけで、黒目を動かす練習となる。

反応速度をアップしながらも、ゴールキーパーの前方でプレーすることを忘れてはならない。

 

最後は高低差をつけて

5つ目、最後のGKトレーニングは、置かれたボールと手で持ったボールの2つのどちらかからのシュートへの対応だ。

正直高低差がつくとかなり難しい。

徐々に難易度をあげて、繰り返しゴールキーパー トレーニングを行なってほしい。

1回ではダメだ。