中山です。

アジアカップですが、森保ジャパンは惜しくもカタール代表に1-3で敗れてしまいましたね・・。

近年、カタール代表も非常に強化していると聞いています。

【アスパイア・アカデミー】という、国家的育成プログラムがあ理、一気に強化が加速しているようです。

まずは試合のハイライトを見てみましょう。

 

1失点目の権田修一選手!

1失点目はカタール代表のFWアルモエズ・アリ(アル・ドゥハイル)度肝を抜くオーバーヘッドでした。

サイドから上がったクロスが上がります。

それをFWアルモエズ・アリ選手がコントロール。

そのままボールを上に蹴り上げます。

そのままオーバーヘッドキック!

日本代表GKの権田修一選手は、一瞬ブラインドになったのか、動き出しが遅くなってしまいました。

シュートはワンバウンドし、ゴールに吸い込まれます。

最後まで追いかけたものの、ボールに触ることはできませんでした。

 

いつプレジャンプが地面に着地したのか?

今回の、この失点には2つの原因がありました。

まず一つ目は、『いつプレジャンプが地面に着地したのか?』です。

実はここでした。

みてお分かりとは思いますが、FWアルモエズ・アリ選手とGK権田修一選手の半分近くまでボールが来ています。

そうすると、反応できる時間が少なくなっているということがわかります。

 

リアクションタイムをいかに稼ぐか

ゴールキーパーの専門用語でリアクションタイムといって、反応する時間をいかに稼ぐかがゴールキーパーにとって重要なポイントとなります。

これは世界のトッププロだろうが、初心者のゴールキーパーだろうが、全く同じです。

プレジャンプのタイミングでリアクションタイムが大きく変わってきます。

この部分は本当に自分自身が意識しておくことが重要です。

[su_box title=”構えるタイミング” style=”soft”]

構えるタイミングシュートへのタイミングの取り方

   金額:540円(税込)

   [su_button url=”https://gkcoach.info/p/r/gFQdhrRn” target=”blank” style=”glass” background=”#47d123″ size=”6″ radius=”5″ icon=”https://nakayamahideki.com/wp-content/uploads/2018/12/1243679-64.png” icon_color=”#06BE16″]動画を購入する[/su_button][/su_box]

シュートへのステッピング

もう一つの問題点は『シュートへのステッピング』です。

オーバーヘッドシュートということは、ポジションが前に出ていてはループシュートが来た場合、対応できません。

その点ではそんなに悪いポジショニングとは思いませんでした。

(左右のポジションはわかりませんw)

 

シュートへのステップの選択

ポジションが後ろにあるということは、シュートアングル(角度)が広いということになります。

そのことをわかっていたと思いますが、権田修一選手は最初にサイドステップを選択してしまいました。

実はここが日本のゴールキーパーにおける大きな課題の一つなのです。

 

クロスステップダイビングを練習していない

日本ってほとんどクロスステップダイビングの練習をしているところをみたことがありません。

ものすごく重要なダイビングスキルです。

逆方向の足で踏み込んでいる

実際にトレーニングが少ないと、今回の権田修一選手のように逆足で踏み切ってしまい、ボールにできる限りアプローチしてダイビングすることができません。

これが左足で踏み切れていたのであれば・・・

もちろん、これは権田選手を批判しているわけではありません。

ポルトガル1部のポルティモネンセSCに移籍する、日本屈指のゴールキーパーに変わりはありません。

しかしながら、なぜゴールキーパーに対しては多くの言葉がかtられているのでしょうか?

[su_box title=”クロスステップダイビング(静止球)” style=”soft”]

ワンステップより幅を確保できるクロスステップでのダイビング

   金額:1,080円(税込)

   [su_button url=”https://gkcoach.info/p/r/kHsy2A8f” target=”blank” style=”glass” background=”#47d123″ size=”6″ radius=”5″ icon=”https://nakayamahideki.com/wp-content/uploads/2018/12/1243679-64.png” icon_color=”#06BE16″]動画を購入する[/su_button][/su_box]

圧倒的にシュートストップできるゴールキーパーに

私はシュートストッパーのゴールキーパーが日本には求められていると思います。

勘違いしないでください。

もちろん、足元も大事。

ビルドアップに参加するし、ディストリビューションもレベルが高い。

 

でもね、やっぱりアジアカップ決勝でもシュートを決められている事実があります。

だから、ここぞ!というところでストップできるカリスマ的なゴールキーパーになる必要があると思います。

 

なぜ川口能活選手があれだけ日本代表に君臨できたのか?

なぜマイアミの奇跡は起こったのか?

 

絶対に権田修一選手はさらにシュートストップができるゴールキーパーに変貌すると思います。

それほど海外経験は大きいと私は思います。

 

なんども言いますが、私は『ただのシュートストッパー』になれ!なんて言っていません。

【シュートストップでカリスマ性を発揮できるゴールキーパーになってほしい】ということです。

シュートストップだけできればいいということと違いますよ!

[su_box title=”これを観て実践!GKが上手くなる~シュートストップ編~” style=”soft”]

基本編より引き続き、シュートストップ編

 

金額:1,620円(税込)

   [su_button url=”https://gkcoach.info/p/r/gSMXRDlB” target=”blank” style=”glass” background=”#47d123″ size=”6″ radius=”5″ icon=”https://nakayamahideki.com/wp-content/uploads/2018/12/322421-64.png” icon_color=”#06BE16″]書籍を購入する[/su_button][/su_box]