小学生でゴールキーパーをすることになった。でも何をしていいか、どう動いていいかわからない・・。

こういったゴールキーパーの基本動作の悩みに直面する選手・保護者は後を立たない。

 

では、今回はそんな小学生でゴールキーパーを始めたばかりの選手・保護者に向けて、まず覚えて欲しいこと・コツを3つご紹介する。

 

スポンサーリンク







どこにでも動き出せる姿勢作り

一つ目はゴールキーパーの構え方だ。

ゴールキーパーを始めたばかりの選手のほとんどは、どう動いていいかわからずに突っ立っている人がほとんどだ。

いきなりボールが飛んできて、「あっ!!」って思って慌てて動き出す。

陸上のクラウチングスタートでも同じだ。

突っ立ってスタートするよりも、クラウチングスタートのようにしっかりと構えた方が早くなる。

体育祭などでも、単純な「よーいスタート!」では構えたはずだ。

そういった意味では、ゴールキーパーがリアクション側ということを理解し、しっかりと構えることが重要となる。

ゴールを守るためには、動き出しが必要となる。

シュートが打たれたとき、いつでもどこにでも動き出せる姿勢ができていれば、自ずとシュートへ反応できるだろう。

 

ハンドリング判断

2つ目はハンドリングの判断を挙げておく。

おそらく「キャッチングじゃないの?」と、思う方もいるだろう。

確かにそうだ。

 

キャッチングについては大きく分けると2つある。

まずは胸より高いボールをキャッチングする技術として、オーバーハンドキャッチがある。

ゴールキーパーを始めたら、まず初めに行うキャッチングの基本だ。

 

そして胸よりも下側のボールをキャッチングするアンダーハンドキャッチ。

低めのボールの処理を行うための必須技術だ。

簡単に言えば、この2つの技術の使い分けのことをハンドリングといい、その判断がポイントということだ。

 

本来であれば、胸よりも上にきているボールなのに、アンダーハンドキャッチをしてしまう。

逆のパターンで、低いボールなのにオーダーバンドキャッチをして、後ろに弾いてしまうことはよく見かける光景だ。

実際にハンドリングをミスすると、過剰な衝撃でファンブル(はじく)する恐れがある。

うまくキャッチングできないゴールキーパーでも、ハンドリングの旨さで乗り切ることができるだろう。

ただ、後々キャッチングの練習は絶対行ってほしい。

 

ローリングダウンという倒れてセーブする技術

最後の3つ目はローリングダウンだ。

ダイビングというゴールキーパーでは飛ぶ技術が6つある。

その中でも、一番初期段階で行うセービング技術としてローリングダウンがある。

簡単に言えば、横に倒れてシュートをセーブする技術だ。

シュートが来たときに、ただボールに手を出してゴールされるシーンをよく見かけるだろう。

どうやったら飛べるのか?そう思ったことはないだろうか?

ゴールキーパーを始めたばかりの選手であれば、まずローリングダウンという技術を習得してほしい。

 

ただ、いきなり見様見真似で飛んでしまうと、思わぬ怪我につながりかねない。

しっかりとセービングするときの受け身をマスターすることもお忘れなく。

 

ゴールキーパーは素晴らしく、誇れるポジション

いまだに日本ではゴールキーパーに対してネガティブなイメージがつきまとう。

私はそうは思わない。

むしろ素晴らしいポジションだと思っている。

なぜかというと、唯一手を使うことが許され、ユニホームもチームで唯一違う。

そんなチームで一番目立てるポジションがゴールキーパーなのだ。

シュートを決めれば、その選手がヒーローかもしれない。

それとは真逆で、ゴールキーパーのセーブが相手チームの悲鳴となるのだ。

 

ぜひゴールキーパーの魅力を感じてほしい。

そのためにはまず今回お伝えした3つのことを意識してプレーをしてほしい。

必ずシュートを止めることができる。