いろんなところで見かけるゴールキーパーへの言葉。

ゴールキーパーは孤独だ。

私はそんなことないと思っている。

それはゴールキーパーを美化しようとしているに過ぎないと感じている。

端っこでトレーニングをしている・・・

そりゃゴールが端っこにあれば、ゴール前で練習するでしょ。

私はそんなことで【ゴールキーパーは孤独だ!】なんて決めつけないでほしい。

 

やることの多いゴールキーパーというポジション

私はゴールキーパーは孤独だ・・・というよりは、ゴールキーパーはいろんなことをしなければならいポジション。

そしてやることが多い割には、そのスキルを知る機会が少ないこと。

この部分の方がよっぽど問題だし、重要だろう。

自信を持つための準備が少なすぎるのだ。

 

悩みが多いのもゴールキーパー

ゴールキーパーは悩みが多い。

すごく多くのゴールキーパーから私の元にDMが来るよ。

それはキーパースキルを知らないことだ。

技術を知らないから、シュートが来ても抵抗できないのだ…

だから私はYouTubeチャンネルでゴールキーパーのスキルを発信している。

孤独ではない。

知れば知るほど面白くなるのがゴールキーパーだ。

そして、できることが増えればどんどん自信が持てるのがゴールキーパー。

あらゆる環境がネガティブになっていれば、自ずとネガティブになりやすい。

そのネガティブを一つ一つ剥がしていくことで、ポジティブな環境を作ることができるはずだ。

 

ポジティブな人と触れ合う

ポジティブな環境を作り出すために、ポジティブな人と触れ合うこと。

怒ったりする人の特徴として、興奮している人は、自分の大きな声や言動に対して興奮をしている。

悩みを解決するフリをして、「大丈夫だよ」など甘い蜜を吸わせようとする大人がいる。

でも、その悩みは自分が学び、獲得して悩みを消化しなければ強くなれない。

だからこそ、常にポジティブな声かけがもらえるところに行くべきだ。

頭を覚醒させるんだ

私はメンタルだって、一つのスキルと考えている。

私自身も、様々なところで挫折を味わってきた。

それはサッカーだけでないはずだ。

 

ネガティブな頭を覚醒させること。

簡単にいえば、覚醒ゾーンに入ることができればいい。

最強の精神状態に持っていくことだ。

そのためにはまずポジティブな人と触れ合うこと。

中山と触れ合うこと。

これだ。