サイドからのセンタリングがクロスバーに直撃しそうになった経験があるのではないか。

 

そのクロスバーに当たり、セカンドボールを積められるシーンなどを見ることがある。

そんな難しい状況を回避するための高度なゴールキーパーの技術としてパーミングがある。

パーミングとは簡単にいうと、意図的にボールを外に押し出す技術だ。

ギリギリの状況で失点しないパーミングを紹介していく。

 

スポンサーリンク







キャッチできるけど、バーでファンブルしそう・・

クロスバーギリギリのボールでは、キャッチングできたとしても、バーでファンブルの危険性が高い。

指先を使って意図的にボールを外に出すこと、これがパーミングだ。

 

無理なパーミングは失点の確率を上げる

慣れないうちに起こる問題点として、無理やり手と体を振ってしまうことだ。

自分でゴールの中にボールを入れてしまっては意味がない。

HO SOCCER(エイチオーサッカー) 51.1192 サッカーキーパーグローブ ワン ネガティブ GKグラブ

価格:8,250円
(2020/5/5 11:28時点)
感想(0件)

また、パーミング時にクロスバーにボールを当ててしまうケースもある。

跳ね返った時、相手に取ってビッグチャンスを与えてしまう・・。

そうならないためにも指先をうまく使い、少し上めにパーミングすることがキーパー練習のコツとなる。

 

パーミングのトレーニング方法①

簡単なGKトレーニングを紹介しよう。

まずはなれるために、ポストからクロスバーを狙って投げてもらい、パーミングしよう。

 

パーミングのトレーニング方法②

実際の状況を設定してみよう。

まずはニア方向でジャンプ&キャッチ。

わざとニア側に動かすことで、ファーへのスペースを開けておく。

その後、返球されたボールをパーミングする。

ここでパーミングができなかった場合、ファーで待ち構える中山のヘディングシュートで失点してしまう可能性があるw

そうならないためにも適切なステップを踏み、パーミングでコーナーキックに逃げることだ。

 

多くの技術を選択できるゴールキーパーになること

多くの技術を選択できることがゴールキーパー にとって重要だ。

知らなければ、飛んできたボールに対して抵抗ができない。

だが、パーミングを知っていれば防げる失点もあるのだ。

だからこそ、ゴールキーパー専門のトレーニングを早く受けることを強くオススメする。