ゴールキーパーとしてシュートを止めることは生きがいだ!・・と私は感じています。

そんなあなたも同じだと思いますが、こんな悩みはありませんか?

 

・いつもなら止めれるのに、強いチームとなるとなかなか止めることができない。

・技術などのキャッチングはできるけど、なかなか試合で発揮することができない。

・シュートが止めれないからサブキーパーから抜け出せない。

・チームから批判を受け、ゴールキーパーが嫌になっている。

 

など、シュートを止めれないことで大きな悩みを抱えるゴールキーパーがほとんどだと感じています。

そんなゴールキーパーは、この記事を見るとシュートストップの確率をアップすることができるでしょう。

 

スポンサーリンク







シュートを止めるための準備には3つのポイントがある

シュートを止めることとなると、思い浮かべることはダイビングではないでしょうか?

もちろんダイビングも大事です。

ですが、それよりも大事なことがあります。

 

それは準備です。

ここではシンプルに3つのポイントを押さえていきます。

 

・適切なポジショニング(位置・身体の向き)

・構えるタイミングとその姿勢

・適切な移動方法とそのスピード

 

この3つです。

詳しく解説していきます。

 

適切なポジショニング(位置・身体の向き)

まずはボールに対して適切なポジションを取ることです。

ゴールの中心とボールを結んだ線上(リトリートライン)に入ることが基本的に大事になります。

その中でも立ち位置は重要なポイントです。

 

・前にで過ぎれば、ループシュートがある

・下がり過ぎれば、シュートコースが大きくなってしまう

 

この2つのポイントを注意して位置を決めましょう。

SSG SUPREMO CLUB NEGATIVE ORANGE 【HO SOCCER】HO サッカー ● キーパーグローブ 19SS(51.1065)*37

価格:7,197円
(2020/11/7 13:42時点)
感想(0件)

そして、身体の向きです。

例外はありますが、基本的にはボールに正対(まっすぐ向くこと)を意識しましょう。

このように、【シュートされるボールに対して適切なポジションを取り続ける一連の動作のことをアングルプレー】と呼びます。

ここでポイントは、先に「移動方法」に対して話をしている人はおかしいです。

それはなぜか?

キッキオフ時、ボールは止まっているからです。

そのボールに対して適切なポジションを取ることからサッカーはスタートします。

ちょっとしたこだわりポイントではありますが、【準備】ならスタートからですよね?

 

構えるタイミングとその姿勢

適切なポジションを取れたあとは、シュートへの構えるタイミングとその姿勢が大事になってきます。

相手がボールを蹴る時には構えておくことが重要です。

その時の姿勢は、どこにでも動き出せる姿勢を作っておくべきです。

 

適切な移動方法とスピード

次に、シュートを打たれずにボールがパスされた時、ゴールキーパーはポジションを取るために移動します。

距離感に応じて、サイドステップなのかクロスステップなのかの判断も必要となってくるでしょう。

移動に関しては、ステッピングスピードが重要です。

相手がボールを触る前にポジションを完了しておくために、移動方法の選択とスピードも求められます。

モレリア 2【MIZUNO】ミズノ サッカースパイク 15SS(P1GA150101)*30

価格:13,860円
(2020/11/7 18:07時点)
感想(19件)

良い準備なくして良いゴールキーパーにはなれない

ゴールキーパーの激しいGKトレーニングを見ると、その部分ばかりに目が行きやすいと思います。

それよりも良い準備をすることを意識した方が、断然シュートストップの確率を上げることができます。

細かなポジション修正はGKコーチがいればいいですが、いない場合は自分たちでお互いのゴールキーパーのポジションなどを見合うようにしましょう。

 

良い準備をしていれば、シューターはシュートを蹴りづらい

シューター目線で言えば、ポジションが良いゴールキーパーへはシュートを蹴りづらい。

シュートを止めるためには、視覚的にプレッシャーを与える必要があります。

そういった準備による見えないプレッシャーがシュートを止める秘訣でしょう。

この準備を大事にすることで、あなたもチームで必ずヒーローになれるでしょう。