アディダスといえば、日本代表(SAMURAI BLUE)のユニホームを手がけるサッカーブランドの超大手だ。

アディダスといえば、スニーカーのスーパースターやスタンスミスを思い出す。

そのアディダスが、ドイツ代表のマヌエル・ノイアー選手のキーパーグローブをモデルを発売した。

ホワイトをベースとし、レッドを使ったシンプルなデザインでかっこいい。

今回は、このアディダス・プレデタープロ  マヌエルノイアーをレビューしていく。

 

高級な箱に入ったアディダスのトップモデル

アディダスのオリジナルキーパーグローブにも何種類かあるが基本的には、今回のプレデターモデルが主流となる。

【送料無料】 アディダス adidas メンズ プレデター プロ GL PRO MN キーパーグローブ GK手袋 KCM89

価格:11,800円
(2020/6/6 19:10時点)
感想(0件)

アディダスは去年くらいからグローブ入れではなく、箱に入れられているアディダスのGKグローブ。

箱を開けていく。

 

グリップを保護するシートが貼られている

グリップはURG2.0 UNRIVALED GRIPだ。

グリップ力が高いパームには保護シートが貼られていることが多い。

 

パンチングゾーンにはブツブツのシリコン?のパンチングゾーン

おそらくシリコン素材でパンチングゾーンがブツブツのデザインで作られている。

バランスよく配置されているため、手も曲げやすかった。

 

中ズレはするが、手は曲げやすい

グローブの内部にシリコンなどの滑り止め防止策はない。

なので、手指の腹はガッツリ中ズレしていた。

しかし、手自体は非常に動かしやすい。

ポイントは関節部分に赤い線のところのパーム面が凹んでおり、曲げやすくなっているのだ。

 

ストラップレスタイプ

こちらのグローブはストラップレスタイプだ。

ストラップレスレスタイプというと、ほとんどの場合は手首への不安を覚える。

しかし、手首が長く動く心配はなかった。

 

全体的に厚みのある素材

前作と比べると、かなり厚みのある素材だ。

冬にはもってこいの素材のような気がする。

 

実際にボールを使ってみる

ボールをキャッチングした感触はまずまずだ。

パームをプレウォッシュはしていないが、グリップ力はいい。

ただ、ロイッシュの「フレッチャ」と比べると、重さがある・・。

パンチングなどは問題なくできた。

スリップもしにくく、痛むを感じることもなかった。

前作では、中山・ひかりコーチともにパンチングに痛みを感じていた。

その部分に関しては改善されていると言っていい。

ストラップレスモデルだが、低いボールでズレを感じることはなかった。

 

恒例?!とりあえずひかりコーチを飛ばせてみるw

今回のグローブサイズは9号でした。

サイズ感は他社メーカーで9号であれば、9号でいいだろう。

サイズは合わないが、ひかりコーチに着用させてプレーを強制的にしてもらった。

ボールを2個使ってのダイビング にも挑戦!

「すごくキャッチングしやすい!」と、評価していたものの、サイズは合っていない。

最後はとりあえずひかりコーチ恒例のダイビングだ。

強制的に飛べるコツはこちらの動画を見てほしい。

 

アディダスはストラップレスが主流となっていくのか?!

前作から今作のアディダスプレデタープロを見る限り、ストラップレスが加速しそうな勢いだ。

最近のアディダスの傾向としては、同じモデルの色違いが多く発売されている。

基本的には同じグローブであり、パーム・バックハンドの素材で価格が変動するので、注意してキーパーグローブを選んでほしい。

【送料無料】 アディダス adidas メンズ プレデター プロ GL PRO MN キーパーグローブ GK手袋 KCM89

価格:11,800円
(2020/6/6 19:10時点)
感想(0件)